群馬県建設業協会、「八ッ場」などで推薦判断

2010年5月1日 読売新聞群馬版より転載
「八ッ場」などで推薦判断へ 富岡、中曽根氏へ県建設業協会
http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/gunma/news/20100501-OYT8T00122.htm

 県建設業協会(青柳剛会長)は30日、今夏の参院選群馬選挙区に立候補予定の富岡由紀夫参院議員(民主)と中曽根弘文元外相(自民)の2人に、八ッ場ダム建設の是非や社会資本整備に対する考え方など、7項目にわたる公開質問状を1日に提出すると発表した。協会は両氏から推薦依頼を受けており、回答を判断材料にする。同協会では、与党候補者への推薦が慣例化していたが、民主党を中心とする現政権は、今年度当初予算で、公共事業費を前年度から18・3%カット。建設業界に危機感が広まっていることから、民主党が参院選のマニフェスト(政権公約)を出す前に、両陣営の対応を問うことにした。

 同協会によると、他の質問項目は、追加経済対策や建設業への支援策、民主党が掲げる「コンクリートから人へ」の標語などについて。同協会は「地域の安全な暮らしを守るため、必要な公共事業は継続実施しなければならず、急激な削減は避けるべきだ」としている。回答期限は5月10日頃。回答結果は、同協会加盟企業約270社(従業員計約7200人)のほか、建設関係業界で組織する県建設産業団体連合会に加盟する13団体(県建設業協会を除く)にも通知する。県内の建設業就業人口は6万7981人(2006年調査)で、全産業の約7・7%を占めている。