秋の現地見学会 「試験湛水が始まった八ッ場ダムと吾妻渓谷」ー11/24

*申し込み人数がバスの定員に達しました。これ以降のお申し込みは、キャンセル待ちとなります。

 八ッ場ダムは10月から試験湛水が始まり、来年4月には運用を開始する予定です。
 八ッ場ダムの貯水池は谷埋め盛り土で造成した水没住民の移転代替地や地すべり地に取り囲まれているため、試験湛水ではダム湖周辺の安全確認が大きな課題です。
 今回の見学会では、試験湛水の状況を確認するとともに、ダム建設による名勝・吾妻峡とダム湖予定地の変貌を見ていただきます。
 八ッ場ダムは完成に近づいていると言われていますが、現地では問題が山積しています。ダムと共存していかなければならない地域の実状もお伝えできればと思います。

◆日程:2019年11月24日(日曜日)午前10時~午後6時30分

 集合:午前9時50分 JR高崎駅東口駅前
 ヤマダ電機本店前道路(★印)にバス待機

★参加費:2500円(バス代、資料代、保険代)

*道の駅・吾妻峡で昼食。お弁当はご持参下さい。
 (道の駅でも販売あり)

〇高崎線の列車案内
〈行き〉(平塚発) 東京7:51 大宮8:24   高崎9:44
〈帰り〉(熱海行き) 高崎18:47  大宮20:06  東京20:39
*上越・北陸新幹線も利用できます。

主催:八ッ場あしたの会

お申し込みの際は、名前、住所、携帯電話番号を以下のメールフォームでお伝えください。前日、川原湯温泉に宿泊される方は現地でピックアップしますので、ご相談ください。

〇メールフォーム ➡https://yamba-net.org/contact/

*マイクロバスが満席になれば、募集を終了します。参加ご希望の方は、早めにお申し込みください。

写真下=湖面橋の八ッ場大橋よりダム堤と吾妻渓谷のある下流方向を望む。2019年10月10日撮影。
    試験湛水は10日前の10月1日に始まったばかり。現時点ではまだ吾妻川は元の流路の姿を留めて
    いますが、見学会の頃には、ダム湖の水位がこの写真よりかなり上がっていると予想されます。